世田谷区とともに20年

沿革

平成7年12月 世田谷リサイクル協同組合創立総会を開催。
平成8年2月 世田谷リサイクル協同組合を設立。
初代理事長に吉川太郎が就任。
平成8年4月 世田谷区から「再生資源の回収・処理委託」を受注。
平成10年7月 世田谷区から「世田谷区喜多見資源化センターの運営および施設管理委託」を受注。
平成11年5月 関東経済産業局より官公需適格組合証明を受ける。
平成12年2月 世田谷区から「資源分別回収事業に伴う資源回収・処理委託」を受注。
平成12年7月 事務所を世田谷四丁目2番15号に移転。
平成14年5月 世田谷・玉川・砧地域事務所を開設。
平成15年12月 世田谷区条例等により再利用資源物(古紙・ガラスびん・缶)の収集、運搬の指定組合となる。
平成16年5月 第2代理事長に山田辰雄が就任。
平成20年4月 世田谷区から新設された「世田谷区資源循環センター運営業務委託」を受注。
平成20年6月 第3代理事長に井上英之が就任。
平成23年9月 法改正に伴う定款変更(全文変更)認可。
平成25年9月 全省庁統一参加資格を取得。(総務省)
平成28年1月 世田谷区と災害時における緊急輸送業務の協力に関する協定を締結。
平成28年2月 設立20周年記念式典等(基調講演・記念式典・記念祝賀会)を二子玉川エクセルホテルにて開催。
平成30年5月 第4代理事長に土井信男が就任。
PAGETOP
Copyright © Setagaya Recycle Co-operative Society. All rights reserved. 世田谷リサイクル協同組合